ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

再現性があるやり方をいくつ持ってるか?

「将来のレートは誰にもわからないのであれば、過去検証をしても意味がないのではないでしょうか?」このような質問をされる事があります。確かに未来の値動きを100%予測する事は不可能ですし、それができたとすれば相場自体が消滅してしまいます。

しかし、100%の予測は不可能でも数字を上げる事はできます。この努力をする事がトレードでは必要であり、方法として過去のレート検証が有効なのです。過去の値動きの癖などを把握する事で再現性を高めて、勝つ確率が高い場面で大きくロットを張れるように準備をする事です。

また、テクニカル分析でもファンダメンタルズ分析でもある特定のパターンで再現性が高いやり方を実施していくことになると思いますが、そのパターンが多ければ多いほどチャンスが増えるため、いわば再現性が高い引き出しをいくつ持っているかが勝負でしょう。

再現性の強弱でロットを変える

資金管理をするうえでロットは変えずにトレードをしたほうがやりやすいと思いますが、トレードをしていく中で再現性に自信がある相場が来た場合は普段より多めのロットで勝負を仕掛ける事も有効です。逆に自信が薄い場合は減らすなど調整ができればリズムも出てきます。

FXでは資産運用的にコツコツと利益を出す目的の方もおられると思いますが、醍醐味としては短期間で大きく稼ぐ事だと思います。色々な期待を持って活用されて然るべきだと思いますし、そういう場合には勝負どころではしっかりとロットを張ってトレードをする必要があります。

また、ロットを張って勝負を仕掛ける場面においても自分が想定した再現性があるイメージと違えば、早々に損切りを辞さない体制が必要になります。確率的には高いとはいえど100%はないものですので、ダメだった時の対処もセットで準備をしておく事が望ましいでしょう。

将来の値動きは予想できないが

将来の値動きは予想できない面もありますが、過去の値動きから類推できる根拠として、人間は同じ行動パターンに陥りやすいことがあります。例えば、チャート上の節目を確認して売り買いをしている人は多いです。あと、1ドル100円など大台などを意識して売買する人も多いです。

人間心理として新しい事をするよりは、過去に取った行動と同じことを繰り返す習性があります。なので、過去の値動きは役立ちますし再現性がある程度確保されたものとなりやすいです。少しでも勝つ可能性を上げていくのであれば過去から学ぶことが必要になるわけです。

自分が得意な鉄板パターンを多く持っていれば、どのような相場になっても活用するチャンスが増えます。その点では相場経験が豊富な人のほうが有利になりますし、初心者であっても意識しながら取り組めば確実にステップアップしていけるでしょう。

Return Top