ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

FX初心者はフォーメンション分析を活用しよう!

フォーメーション分析とはチャートの形をパターン化して分析する事です。例えば、主に上昇局面でヘッドアンドショルダー(三尊)という形になれば、ネックラインを越えると一定以上の下落が見込めるなどです。形でエントリーと損切り、利食いポイントがわかるので便利です。初心者であれば、これだけに絞って狙っていくという事でも良いかと思います。(Yen蔵さんがわかりやすく解説されています)

また、フォーメーション分析の利点として、他分析法と併用が可能であることです。例えば、移動平均線を使いながらトレンドを把握して、転換点をヘッドアンドショルダー(三尊)で確認するなどです。これにより確度も上がりますし、お互いのデメリットを解消できます。

そして、フォーメーション分析を学ぶにあたり水平線などのライン引きの重要性を感じるでしょう。これは多くの人がそのようにして相場を見ており判断材料になっているからです。個人投資家だけでなく機関投資家などについても、一つの目安として意識しているため動きに反映されます。

基本的にはヘッドアンドショルダーズトップ(三尊)、ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)やダブルトップ、ダブルボトムなどを押さえておくべきですが、細かなものは上図のようにたくさんあります。単体でも作用しますが、相場状況によってさらに作用したりしますので研究してみてください。

これまでの動きにも注目すべし!

フォーメーション分析は形で捉えられるので便利なのですが、それに加えて過去の値動きも勘案する事が良いでしょう。例えば、これまで上昇してきたがボックスを形成して上限をブレイクすれば買いですが、下限をブレイクすればすぐに撤退しなければなりません。これまで買っていた人たちの利食いと新規売りが強まる可能性が高いからです。

過去の流れを投資家心理と合わせて理解することで、よりきめ細かな相場分析ができるようになります。もみ合いが起こるのは流動性が低い時もありますが、売り買いがガチンコ勝負で主導権争いをしている時なので、その勝負次第で勝ったほうに付いていかないと巻き込まれてしまいます。それをイメージしましょう。参考:FXトレードは「ウェーブ」を意識する!?

とにかく線を引いて試すことが大事!

水平線を引く際にも「ヒゲ部分で引くのか?」「実線部分で引くのか?」などが議論されることがありますが、勝っているトレーダーの多くはケースバイケースでありあまり気にしない、という回答が多い気がします。細かな事よりも状況分析をする意味でどちらでも良いと思います。

初心者がすることは、とにかく思いついた線をチャート上で引いてみる事です。それをしているうちにフォーメーション分析で見たような形になり、しっかりとワークしているかを検証していく事でやるべきことは見えてくるでしょう。ある人はヘッドアンドショルダーが得意でそれ狙いの人もいるでしょうし、取り組みやすいものに絞るのも良いです。

試して自分に合ったものが増えていけば、どのような相場に対峙しても対応できるようになるでしょう。必ず自分で試して感じるものを大事にしてください。様々な分析法が紹介されていますが参考程度に止めて、自分がトレードをする際の補助として考えていき、得意な相場を作っていけばうまくいきやすいと思います。

Return Top