ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

週末のFXお悩み相談会


今日は相場もないですし、為替やトレード手法・メンタル面のことや、
相場観などの悩みについてみんなでワイワイ話し合いましょう!

質問も募集中なのでお問い合わせからどしどし送ってくださいね。

では、今週の質問になります。

*****質問****************************************

ナンピンについてのお考えを教えていただきたいです。
皆さんはどのようなルールでされていますか?
いつも場当たり的なナンピンをしてしまい
何らかのルールを作ろうと試行錯誤中です。
どうぞよろしくお願いいたします。

*************************************************

こちらに対する回答案をコメント欄にて募集しています。
正解はないとは思いますが、自分ならこうするよ~という
意見がヒントとなれば良いなと思っています。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アドバイス出来るほどの知識は無いのですが、日々ナンピンに苦しむ者として一言。

    私はポジションを持つときは3回までナンピンOKルールを採用しています。
    仮に10万通貨分のポジションを持とうと思ったら、我慢して2万5千通貨分ポジションを持ちます。
    そして、予め決めておいた損切りポイントまでに二万五千通貨を三回ナンピンしてます。

    損切りポイントを通過したら、もちろん損切りするルールです。

    要するに、思った方向に動こうが逆に動こうが、4回に分けてポジションを持つってことです。
    損切りポイントまでに、逆に行けば冷静になれて私にはいい感じです。

  2. 最後の行を直そうとしたんですが送信押しちゃってました。
    適当に訳してやってください。

  3. (重複していたら削除をお願いします。更新しても表示されないので数回投稿しています)
    場当たりっちゃー場当たりです、私も。
    数値で記載できるルールを持ってないので…
    試行錯誤している段階なら、そこから見つけるのが一番だと思います。
    真面目な話『ヨソはヨシ、ウチはウチ』の法則です。

    ・ポジ救出のためのナンピン(薄利・建値・少ない損失いずれもOK)
    ・打診買い(売り)した後の逆行として想定内のナンピン
     (一旦撤退して様子見に戻る方が健全という場合も当然アリ)
    ・乗せポジ(利益中だけど若干逆行中)はOK ※逆指値必須

    エントリーしたけれど居心地が悪いので早く抜けたい時はナンピンします。
    逆に居心地悪そうなチャートならナンピン禁止(損切上等)です。
    経験と記録から悪癖を知って禁止しています。
    ナンピンで助かる事が続くと吐き出しタイムが来ます。多分思考に強い
    バイヤスが掛かって無理な方向に入っているんですね。
    これも時間をお金を掛けて学びました。

    【昔の私】
    ・Sell in May!? ならどんどん買っておけば後でウハウハ♪
     →ハイパー円高へ突入
    ・ドル円が80円になかなか乗せない。80円近辺?いい売り場♪
     →下を振り返る事なく浮上
    ・介入?発言?結構動いた、売り場をありがとう(←なんでそんな考えを…)
     →第2第3の砲撃を浴びて撃沈

    大きい事だとこんな感じでしょうか。よくある失敗だと思いますが。

    ヤケドしないと分からない話をしても仕方ないですが、
    ナンピン理由や見通し予測(リスク把握)次第で活用できる手法ですが
    「きっと戻るハズ」という根性は無意味というより悪魔の囁きだと思います。
    根性論や「相場が間違ってる」的な考えの人を最初に知ってしまったのでイロイロと
    勉強になりました。授業料どこへ行ったんだろうか。
    相場には謙虚に…と覚えました。

    アレコレ悩むならナンピン禁止が健全かもしれません。
    既に逆行している(エントリー根拠が無い/薄い)ワケですし…

  4. 私はナンピンの手法でトレードしています。

    ナンピンの利点としては、勝率が非常に高いこと。
    ナンピンの大きな問題はコツコツドカンの典型であり、それまでに積み上げてきた利益(あるいはそれ以上)を一度に吹き飛ばすこと。

    ナンピンの一番大きな問題は、勝てる時に得られる利益の金額と比べて、どうしようもなくなった時の損失の額が余りにも大きく、冷静な取引をできなくなること。

    ナンピンのデメリットについて、どう対処すれば年ベースで利益を出せるのか。
    そこに自分なりの答えを出すのに6年かかりました。

    ではどうすればいいのか。全てを書くことはできないので、私なりの見解を3つだけ書き記します。

    ①どういう状況であれば、「非常に」高い確率で利益を出せるのか、通貨ペアごとの動き方を毎日毎日何時間も見続けること。どの程度の確率で勝てて、どの程度の利益額を見込めるのか、それに対して、損切した時の大きなダメージがどの程度のものになるのか、これらを十分に検証し、年ベースであれば利益を出せるという確証が必要。

    ②ポジションを建てるポイントは厳選すること。安易にポジションを建てると利益を出しやすいが、それだと損切する回数が増えてしまい、利益は絶対に残らない。

    ③25倍のレバレッジを掛けてポジションを建てても相場が反転しなかった場合、一瞬の躊躇いもなく全損切すること。ナンピンで利益を出そうとするということは、レバ25倍に満たないポジションの状態で利益を狙うということ。それなのに、損失についてはレバ25倍のポジションの状態で損失を膨らませていくということは、自殺行為。

コメントフォーム

*

Return Top