ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

週末のFXお悩み相談会


今日は相場もないですし、為替やトレード手法・メンタル面のことや、
相場観などの悩みについてみんなでワイワイ話し合いましょう!

質問も募集中なのでお問い合わせからどしどし送ってくださいね。

では、今週の質問になります。

*****質問****************************************

エントリーはなかなかいい場所に出来るようになってきたのですが、指値まで値が届かず、
利確のタイミングを逃してしまうことがよくあります。
どうしたら上手く出来るようになりますか?

*************************************************

こちらに対する回答案をコメント欄にて募集しています。
正解はないとは思いますが、自分ならこうするよ~という
意見がヒントとなれば良いなと思っています。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 利食い千人力とも言いますしできる範囲で
    利食いができるように調整するしかないのでは。
    勝率が5分以上あれば損切り値以下にならない範囲で
    利食いはサクサクこなしていくのも一考です。
    相場はコントロールできないんで自分でできる範囲で
    折り合いをつけていくことでしょうか。

  2. 指値の前後で、半玉ずつ置くようにしています。スプを広げられても大丈夫なようにとの思惑もあります。結果、半玉しか掛からなくても仕方ないという気持ちとセットです。いつでも自由になる資金が手元にあると思えば諦めもつきます。

  3. 『エントリーがうまく出来る様になってきた』
    まずこれは凄いことだと思います。
    狙う位置まで「待てた」という事と、狙い方自体がチャートの動きと
    合っていて機能している位置である事を意味しているからです。
    となると『指値まで届かないのは何故か』は結構不思議です。
    真逆の意味になるからです。

    トレード記録を付けていますか?もしかしたら悔しいという感情が
    勝っているだけなのではないでしょうか。
    折角のルールをむやみに変える事は勧められないですし、まずは
    現状の確認をしてみてはいかがでしょうか。

    例)指値=欲が強く出る位置ではなく「反対売買」のエントリーと認識
      買いポジションの指値=「売りエントリー」の位置という感覚です。
      ※イコールではないですがニュアンスとして

    もう一つ
    エントリー位置の基準がそもそも何か、です。
    方向性だけは合っているが幅がない、という単純な意味であれば
    エントリーがうまくなってきた訳ではない事になります。
    利確(損切り)を含めてエントリー位置を狙うものだと思いますので
    極端ですが短期売買の入り方でデイトレの利益を望んでいた、という様な
    違いがもし記録や感覚から見えたなら見直しのチャンスかもしれません。

    損切りになる、という事でなければ十分良い状態だと思います。
    ポジションの一部を決済しておく、という方法もありますし
    単に「その時合わなかっただけ」であります様に…
    エントリーをじっくり待てない事が多い自分には羨ましい状態です(笑)

  4. 正直うらやましい限りですね。
    わたしが、使っているFX会社はトレール決済ができますので
    このような決済方法を活用するなど考えてみたらいかがでしょうか?
    新規発注後、自動で設定したpipsで決済値を追いかけますので
    確実に決済できますので放置しても利確か損切りか考えずに
    できますよ。
    いいポイントで発注できるなら一考できるシステムかと思います。

  5. こんばんは。113.74で投票しています。

    114越えで一気に登りそうですし10月はまだトランプさんも変な事は言わなそう?
    それでも不穏ネタはしっかりあるので一応イッテコイレベルにしてみました。
    114.2~3をどう抜けるのか見てみたい所です。

    Myチャート眺めていても目標値が定まらず「何となく感」満載です…
    先週の高値更新引けは意外でした。期待が高いんですね。
    風雨凄いので、もうすぐ始まる新聞配達どうするのかなと心配する夜です。
    (むかし新聞奨学生してました)

    おやすみなさいませ

コメントフォーム

*

Return Top