ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

週末のFXお悩み相談会

今日は相場もないですし、為替やトレード手法・メンタル面のことや、
相場観などの悩みについてみんなでワイワイ話し合いましょう!

質問も募集中なのでお問い合わせからどしどし送ってくださいね。

では、今週の質問になります。

*****質問****************************************

初めて数ヶ月ですが未だ迷いの中です。
初心者の典型的なパターンにはまっております。
頭では分かっていてもなかなか改善できないので悩んでいます。
どうすれば改善できそうでしょうか?

*************************************************

こちらに対する回答案をコメント欄にて募集しています。
正解はないとは思いますが、自分ならこうするよ~という
意見がヒントとなれば良いなと思っています。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おやじサマ、これは質問が難しいと思いますー(^^;
    自称「初心者」が「初心者の典型的なパターン」と表現するのは
    どういう状況なのか…
    (何が起きているのか分からないという意味です)

    自分の最初はこうだった、だと質問者への回答にならないので
    「こりゃー難しい質問だー…」です。

    『自分のクセを知り対処する事が損失を減らす近道』だと日々痛感する身としては
    「初心者の典型的なパターンにはまっている」と自己分析できている
    質問者さんは優秀だと思いますよ。
    それ以外の行動をとればいいわけですし。
    (ポジポジ→席を立つ)(損切出来ない→最初から決める)等のルールで
    守れなかったら1日トレード見送る(エアートレードのみ)なんて雑な方法も含めて(笑)

    数か月で迷っているという事は、少なくとも大負けして散財して
    マウス投げて叫びたくなる事態(退場しかない状況)には遭遇していない様ですし、ね♪

    相場で長生きしなきゃですね(^^*)

  2. 数か月の方が悩むということはいいことだと思います。
    「悩む=意欲がある、向上心がある」ということですね。
    数年やっていても悩みます。
    「もっと上手くなりたい、結果を残したい」
    下世話に言えば稼ぎたいということですが、その気持ちを継続し研究していくうちに
    数年経ち、結果的に生き残っていればそれが自分の進歩ですね。
    負けが9割の世界で生き延びていること自体、勝ち組だと言ってもいいのではと思います。
    そうそう、改善するための苦い良薬は「思い切り好きにやって負けること」です。
    その後もFXの世界から逃げ出さず「相場の借りは相場で返す」気持ちが継続し
    生き延びることを模索し始めた時、自分の進歩を確認できると思います。
    がんばってお互い生き延びましょうね。

  3. おやじ様、皆様、こんばんは。 お悩み相談室の自分なりに回答を考えてみました。 長い文章ですが、お付き合い下さいね。
    初心者の典型的なパターンにはまっております。
    頭では分かっていてもなかなか改善できないので
    「初心者の典型的なパターン」とは、負けパターンと思います。負けパターンはいくつかあり、ポジポジ病、ナンピン病、損切遅れ、爆発病(大負けしてカーとなってロットを大きくして自爆すること)が主なパターンですね。
    「頭では分かっていてもなかなか改善できない」、つまり、頭では分かっているのに実行できないうちは、トレードは上手くなれません。 頭で分かったことは、自分の体験談から得た「とても貴重なもの」で、それを信じてトレードすることが大切です。 誰かに言われたから失敗した、誰かの情報を信じたから失敗したなど、他人のせいにするのではなく、自分のトレード体験で生まれてきた貴重な改善策を自分自身が信じて、さらに改善策を改善して精査しながら上手なトレードに極めていくのがトレーダーとしての道です。 自分の体験から生まれたトレード方法(マイルール)は、他人に説明しても他人はわからないです。なぜなら、他人は同じような体験をしても、あなたと同じ体験はしていないからです。

    ここで、恥ずかしいですが、私の体験から生まれたマイルールをご紹介します。
    ポジポジ病は指値をすることで直しました。移動平均(MA)短期線20が長期線160より上にある時は押し目買い、下にある時は戻り売りを考え、指値はボリンジャーバンド20σ1のバンドの上で売り、下で買いを実行しています。
    ナンピン病は、長期移動平均線と短期移動平均線の乖離を見て、ここからはナンピンしても大丈夫というところでナンピンするようにしました。
    損切遅れは破産確率を使っています。「破産確率」とは、損失が10%の時は破産確率は1%、20%は10%、30%は50%、40%は100%です。
    つまり、10万円のポジションを建て、4万円の損失が出た時、そのポジションは100%戻ってこない(破産する)のです。この破産確率から毎回、20p~30pの損切を設定しています。破産確率は、総資金にも使えるので、覚えておくといいと思います。
    爆発病になりそうになった時は、いつもトレードする時間軸を変えて、違う時間軸のチャートを見てトレードしたり、業者を変えたりして、気分転換するようにしています。

    最後に、マイルールは自分のトレード体験から生み出されたルールです。
    しかし、この世の中に完璧なものはありません。マイルールも完璧なものにはできません。 マイルールも機能する時とそうでない時がありますので、マイルールを磨き上げ、精度を高めていくしかありません。 勝ち組トレーダーが意識しているのは、ルール通りにトレードできたかどうかだそうです。 勝ったり負けたりはあってもトータルで利益を残せるように、お互いに頑張っていきましょうね。

    長々記述しましたが、読んで頂けた方に本当に感謝申し上げ、有難うございました。

  4. 昨日はサッカー疲れか終日寝てました。

コメントフォーム

*

Return Top