ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

今週の予想と結果 2021年10月4日~10月8日

今週の予想と結果 2021年10月4日~10月8日

■あなたのFX弱点、すぐ治療致します!! ⇒ ダメおやじFXクリニック
■ダメおやじが直伝!無料メール講座 ⇒ ダメおやじFX勉強会

こんにちは。ダメおやじです。

今週は「底確認しながら戻り売り」戦略で、「底確認」は合っていましたが「押し目買い」でした。

中国リスクや岸田政権ショック(投資の増税問題など)、米国債務問題、コロナ後の消費増見込みで原油高騰、インフレ懸念などのリスク回避によるドル買い、一方、経済回復への期待や米金利差などでリスク選好のドル買い、結局はリスクオンオフの両方で「ドル買い!」でした。

来週は、ユーロドル以外は押し目買いですが、ユーロドルも追従してくると考え、押し目買い戦略としました。

ただ、アノマリー的にはサイクル理論で、10月5日~7日(8日)が日柄転換となっており、次は10月18日~21日までダウントレンド入りになるため、戻り売りです。

また、ポンド円や豪ドル円日足は下降チャネルラインでの逆三尊の仕掛け中です。いずれにせよ、上げれば売る、下げれば買うスタンスで臨みたいです。

 

さて、私は長い間投資を続けてきましたが、マイホーム購入、子供の私立大学進学、親の介護など、仕事でもリストラのようないじめもあり、大変な環境下でトレードでした。投資で失ったお金は6千万円、環境が悪いと、環境のせいにしても何もなりませんが、日常の不安がトレードにも影響して、やはり気持ちいい環境の中でトレードするのとは全く違いました。

負け癖がついて負け脳になり、 自分自身を負ける方へ陥れようとする自分がいました。何もかも捨てて環境を一新するか、それとも今の環境でトレード継続するか、悩みましたが、環境を変える事は出来ませんでした。それなら、トレードを変えようと、色々な手法も学びましたが、今の富裕層の投資は自動売買です。資産運用は機械任せ、自動化、AI化・・・です。

トレードを半自動化にしようと、取り組んできたのが、今の手法です。お金が無くなれば何も出来ません、一発逆転でもそこそこの資金がなければ出来ません、また時間的なロスも発生します。何故、あの時にチャンスだったのに、あんな事をしたのだろう、何故、あの時に気づかなかったのだろう、悔いは残るばかりです。

まずは、 ①安定した高勝率手法を見つける、 ②資金管理のルール化(損失5%で全てポジションをリセット、手法がナンピン指値なので枚数管理)、 ③ルーティン化(手洗い、洗顔、歯磨きのように習慣になるまで反復する)、 ④資金が増えていればOK 、増えなければ①②の見直し、今の手法の改善または新しい手法のアイデァを加える等。⑤色々な気づきや虫の知らせ(チャンス)があります、直ぐに自分で調べること、⑥相談する(特に伴侶や家族に)、以上です、頑張っていきましょう。

 

<今週の予想と結果>

・ドル円:× 予想は111.4円~110.3円。結果は112.25円~110.82円でした。「ドル強し」で上昇しましたね。ドル円は1日50pips以上動いています。ドル円オンリーの方は最高のパフォーマンスですね。

・ポンド円:× 予想は151.5円~148.7円。結果は152.93円~150.21円でした。底値が下目線だったので結局は上値も下目線でした。値幅は合っていますね。

・ポンドドル:△ 予想は1.363~1.338。結果は1.3655~1.3531でした。上値は合っていますが、下値が下目線で、動きがレンジでした。

・ユーロ円:△ 予想は129.4円~127.5円。結果は129.9円~128.33円でした。まあ、そこそこですね。ポンド円や豪ドル円に比べて上昇に対して出遅れ感がありますね。

・ユーロドル:○ 予想は1.164~1.152。結果は1.1639~1.1529でした。当たりですね、当然の動きと言えばその通りです。

・豪ドル円:× 予想は81.6円~79.2円。結果は82.07円~80.49円でした。ポンド円同様に前回高値を抜いて上昇トレンド入りです。

このブログは多くの方々に来て頂き、そしてお互いに切磋琢磨しながらトレード手法の技術やメンタルと資金管理の仕方を出し合い作り上げてきたものです。皆様方が居てこそのブログと、とても感謝しております。本当に皆さん全員が「ダメおやじ」であると誇りに思っております。

色々な方々のアイデァや知恵、そして笑顔の結集を、誰が考え出したものだと、こだわる方もいると思いますが、これからの次世代へ、つなげていきたいと存じております。何卒、末永く宜しくお願い申しあげます。

コメントフォーム

*

Return Top