ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

損切りをしないといけない本当の理由

「ダメだ、また損切りができなかった・・・」

損切りがなかなかできずに、損失を拡大してしまう人は多いです。自分でも損切りは大事だとわかっていても、いざ行動になるとできない、なんて自分はダメなんだ!と自責する人もおられます。しかし、それは考え方ややり方が自己の感情に頼っているためであり、それさえ改善していけば徐々にではありますが損切りについてはできるようになってきます。これは多くの人も通る道なので、がんばってマスターしましょう。

では、まず、どうして損切りをする必要があるのか?から考えて行きましょう!損切りをする理由としては、自分が思い描いた展開となっていない状況を垂れ流しにしないということです。トレードを行う時には利益が上がると思って行うと思いますが、マイナスになっている状態ということは既に自分の思い描いた状態とはなっていない事で、できればすぐにでもリセットをしたほうが良いと言うことなのです。

つまり、相場では自分の100%想定通りにトレードができた人が勝ちます。想定外が起こった時に人間はパニックを起こして合理的な判断ができなくなりますし、小さなパニックでも大きなミスを犯してしまい大損害に繋がると言う事が多々あります。

FX初心者では特にその危険性が高く、下手をすると一発で退場となってしまうこともあります。自分の想像通りのトレードができていない状況を許さない。そういう意味で損切りをすることはとても意義があることなのです。

もちろん、自分が想定した範囲の損失は許容してその範囲は損切りをしないで引っ張ることが良いと思いますが、自分が想定した損切りラインになれば早急に損切りを行う事が大切になります。

そして、2つ目の損切りをする理由としては、傷を最小限に止めて最短で反撃を開始できるためでもあります。FXはレバレッジを使って効率的に稼ぐことができるものですので、少々損失を出したとしても自分が鉄板の相場時であれば、簡単に取り返すことは可能ですし、逆に反撃をしかけることもできます。

損切りができていなくて、損失が拡大してしまうと、1回の負けで全てを失ってしまい自分が得意な相場が来たとしても、FXができない状況となってしまう事もありますので、損失を取り戻すことができません。FXだけでなく投資全般にも言える事ですが、どんな天才トレーダーであっても勝ち続ける事はできません。必ず勝ち・負けがあり、その差し引きで勝ちになっていれば良いのです。だから、1回の負けで大きな痛手となってしまってはいけないのです。

必ず負ける時もあるので、それならば小さな負けで防げないかという事で、損切りが大切になってくるのです。また、逆に利益はできる限り引っ張りたいので、流れに合っている時はできる限り引っ張ると言う事が良いです。これが損小利大と言う事に繋がります。 多くのFX投資家は利食いが早くなって損切りが遅くなってしまっています。これでは損大利小となってしまいますよね。

このような客観的な事実があるため勝ちにくくなっているのです。 ただ、この損切りの重要性については、既に頭では理解できていても損切りできない、と言う人も多いと思います。それはなぜなのでしょうか?これはずばり、「相場はまた戻るのではないか」という幻想があるからです。

ポジションを持った時にそのまま保有していれば、ただの値洗上での損失であり、相場が回復してくれれば問題ないと思いたい、願望が強く生まれます。ポジションを持つと言う事は、自分のアイデンティティがあると言う事と同等であり、損切りをするという事は自己否定に似た感情を持ってしまう傾向にあるからです。

自分のやったことは正しいと思いたい、自分がやったことは間違いじゃない、と人間は思ってしまいますので、希望的観測に依存してしまう傾向が高まってしまいます。誰でも自分の非を認めたくないものだと思います。それが損切りをさせにくくさせてしまっている大きな理由であると思います。

もう一つが、損切りでマイナスを計上することへの恐怖感があります。これはマイナスで決済(損切り)をするという行為自体にネガティブなイメージがあり、それを何回も行うと言う事で精神的なストレスがかかるというもので、回避してしまうというものです。

実際に計算してみると、細かい損切りを数回繰り返してもそれと取り戻すトレードをしていれば、数字上ではプラスとなっているにも関わらず、トレード回数として損切り回数が多くなると「負けた」という事実が頭に残ってしまい行動が止まってしまうケースです。

これらを考えると損切りができない理由としては、根拠のない自分自身の妄想がほとんどになっていると思います。

損切りをするための対策

資金管理を明確にする
損切りができない理由であげましたが、根拠のない妄想が先行してしまい恐怖感が増幅してしまう事がありますので、それを根拠のある数字をしっかりと把握しておくと言う事があります。

例えば、今月のトレード計画ではどのくらい利益を狙ってどのくらい損失を許容できるのか?について決まっており、1日単位の目標利益や許容損失が明確であれば、機械的に行うだけで良いので精神的なストレスも軽減できます。損切りを複数回行っても計画通りであれば、自分の想定内ということなので恐怖感も薄れると思います。 もともと自分が想定したトレードの範疇なので自分を否定される感覚も薄くなるでしょう。心の鎖を解消してあげる事ができます。

また、計画がしっかりとできていれば、「また相場が回復してくるだろう」と考えるのではなく、一旦、損切りして再び計画を立て直して再度エントリーすると言う癖も付いてくると思います。

損切りルールを作る
とにかく、明確なルールを作って運用する事が大事になってきます。ルールがなければ自分の裁量を挟んでしまう余地を与えてしまい、精神的に負担がかかる損切りですから、自分の良いような妄想を実行してしまう危険性が高まります。

具体的にはエントリーと同時に損切りのポイントも決めて臨むべきで損切りのポイントがくれば躊躇なく決済することです。それが出来ない方はエントリーと同時にストップを入れておくのが良いでしょう。 これを癖にするということを徹底して行ってください。

機械的な事になりますが、FXではルール化できる事はできる限りルール化してしまったほうが良いです。相場環境は刻々と変わっていきますので、全部を分析することはなかなか難しいと思います。固定化してルールとして活用出来るようなポイントは、率先してルール化していくことで、分析範囲を最小限にする事ができ、より詳細な相場分析をする事ができるようになるはずです。

メンタルケア
FXではとにかく自分との戦いになることがあります。何だかわからないけど、実行するのが嫌だなと思う事がありますが、その1つが損切りでもあります。これまでもご説明してきましたが、自分の中の思いこみで損切りができていないことが大半だと思います。ルール通りに損切りをして利益が出ていないのであれば、それは損切りルールが不十分であり改善の余地があると言う事です。

ここで大半の人は損切りは役に立たない、という間違った解釈をしていまいます。損切りが悪いのではなく、損切りのルールが悪いと言う事に気づくべきです。ただ、ルールが悪いのであればそれを改善してあげる事で、進化することができますし、建設的に結果がでるものを作り続ける事が可能という事を理解すると良いでしょう。

そうすることで、精神的なストレスも軽減されるでしょうし、一歩一歩でも勝てるFX投資家の基礎ができていくと思います。

FXクリニックでは、さらに詳しい解説をしています。メールアドレスだけの無料登録で、さらに詳しい秘訣を得ることができます。150211dameoyaji_20150313164751e86.png

Return Top