ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

中国発新型肺炎の世界拡大でリスク回避!

■あなたのFX弱点、すぐ治療致します!!⇒ ダメおやじFXクリニック
■ダメおやじが直伝!無料メール講座⇒ ダメおやじFX勉強会

おはようございます。ダメおやじです。

昨日のNY相場は、米国内で新型肺炎コロナウイルスによる感染の2人目が確認され、またフランスでも確認され、米株が続落してリスク回避の動きとなりました。

先週からドル円は、日足レジスタンス109.80円を上抜けして110.28円まで上昇し、レジスタンスがサポートに変化してレジサポに変るかと思われたのですが、下抜けしました。

現状のチャートの形では、109.80円はレジスタンスのままで、次の下値は4時間足のサポート108.50円、日足のサポート108円が意識されそうです。

ポンド円は、雇用統計やPMIなど良好な結果となり、利下げ観測は後退したのですが、議会可決された1月末のEU離脱法案後、年末までの貿易協定締結が難航との情報で売られました。

4時間足の144.40円、日足の144円のレジスタンスで何度も売られており、下値は142.40円と141.50円の4時間足サポート、141.20円の日足サポートが意識されそうです。

また、日足では一目均衡表の雲を下抜けして三役陰転で、テクニカル的には売り圧力は続きそうです。

ユーロドルは、ECBがマイナス0金利を据え置いて金融政策の検証に入り、幅広い金融戦略を駆使するとのラガルド総裁の発言もありました。

どんな手段も使うという事は、これだという決め手の手段が無く、どの手段も景気対策には効果なしとも読めますね。

現在、1.1026で止まっていますが、1.102は日足サポートラインであり、ここを下抜けると、日足サポート1.093、週足サポート1.0815や1.05が意識されそうです。

来週は、企業4半期決算発表ラッシュ、英BOE、米FOMC、中国PMIなど、指標満載と新型肺炎の沈静化でマーケットは揺れ動いて流れが出てきそうです。

今週もお疲れ様でした。来週に向けて英気を養ってください。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ポン円141.9のショートで塩漬けしてますが、
    しばらくは売り目線だと思うので、損切りせずもう少しホールドがんばってみます

  2. こんばんは。おやじさんの視点は、
    直近高値の144.60は抜けないと見ていますか?

  3. ポン助、未来はわからないけど144は売りたかった。
    見てないときに下げるにゃ

    (-_-)zzz

コメントフォーム

*

Return Top