ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

時は金なり!トレードで待つ重要性とは?

「トレードルールも決めたので、いざリアルトレード!」と意気揚々と取り組んでみたものの、チャートの値動きを見ているとどれもチャンスに思えてしまい、何となくポジションを取ってしまい自滅するパターンは多いです。これはFXトレーダーあるあるですが改善していく必要があります。

トレードは上がるか?下がるか?を予想する事が大事ですが、同様にいつ?という事も大事です。この2つが一致した時に初めて利益となります。例えば、上がりそうだと思っても一旦下がって損切りとなった後に上がってくれば予想は当たりですが、損益となることになります。

また、トレードで利益が出た時は何となく次も勝てそうで、気が急いでしまい不要なポジションを取ってしまいがちです。ポジポジ病と呼ばれますが、これを続けていれば必ず大きな痛手を負います。トレードでは負ける時もありますので、1回の負けで大きな損をする事が多いからです。

時は金なり!トレードで待つ重要性とは?

待つという行為はメンタル次第なように考えがちですがそうではないです。それ以前に明確な行動ルールを決めていないから、それらしいものに飛びつきやすくなります。例えば、ドル円が100円時に買うというルールを作っていれば、道中で上下しても待てます。曖昧なら「これくらいで良いのでは!?」と思い待ちきれません。

つまり、待てるという事はルールが明確であり精神も安定している状態なのです。そのためにルール作りが重要になり、事前に手法を確認して有効かどうか考えておく必要があります。このプロセスをすっ飛ばすから待つことができなくなり、欲望のおもむくままの行動になってしまいがちです。

自分のトレード手法にある程度の自信が出てくれば、待つことはお金を生むことと同意であり「時は金なり」を実感できると思います。それとは逆にわからない状態でポジションを持っているのはリスクを抱えている事であることも意識しましょう。

正しく待てる状態を作り上げよう

「待つ=手法がある」なので精度を上げていく努力をしましょう。これは一朝一夕で何とかなるものではなく、トレードをするたびに復習予習を繰り返していくしかないです。さらに、外部から参考情報を得ながら自分の引き出しを増やしていく事もできれば、幅広い相場に対応できるようになるでしょう。

そして、手法をの精度を上げていき正しく待つこと努力をしつつ、それを補完する意味で資金管理を駆使しながら分散投資も有効でしょう。上がるか下がるか分析に拠って確率を上げたとしても100%にはなりません。それだから、1点でポジションをもつのではなく複数で面で持ちます。詳しくはこちらを参考にしてください。

トレードで待つのは手法が確立されている人であっても、手持ち無沙汰があったりするのでなくしきれないですが、初心者であれば手法が確立できていないからが大きいです。まずは基本的な所から改善していけばストレスは低減されると思います。心の問題と捉えて自分を責めないようにしましょう。

Return Top