ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

ファンダメンタルズ分析か?テクニカル分析か?


コロナショック相場で大相場となり、FXに興味を持たれて口座開設数がアップしているようです。投資はこれからの時代を生き抜くために必要不可欠ものであり、FXは個人にとって最も運用しやすい金融商品であるため、今後も参加される人口は増えていくと思います。

ただ、FXは学校で教えてもらえるものではなく自分で勉強をしていかなくてはなりません。口座開設を経て操作方法も一通り確認できたら、具体的なトレードをしていくことになりますが、その際に何を判断材料にして売り買いをすれば良いかを考えると思います。

FXでは大きく2つのアプローチがあります。一つがテクニカル分析でもう一つがファンダメンタルズ分析です。片方のみを信奉して活用する人もおられますが、どちらも併用してバランスよく売買判断とされている人が多いと思います。

テクニカル分析


テクニカル分析はチャート上に現れる値動きを形として捉えて、売り買いの判断をするものです。例えば、過去と比べて安いので買う、高いので売るなどです。日足、時間足、分足など様々な時間軸を見つつ判断していく事にもなると思います。

移動平均線やMACDなどのインジケーターと呼ばれる独自のツールを活用しながら判断していくもので、その種類は数えきれないほどに上ります。また、上記図のようにチャート上に高値安値に水平線を引いて逆張りや順張り時の目安とする事も多いです。

ファンダメンタルズ分析


ファンダメンタルズ分析は経済指標やニュースなどを分析して売買判断をする事です。例えば、経済指標の結果が良ければポジティブに捉えれて上昇要因になりますし、悪ければネガティブに作用して下落する要因になります。経済指標だけでなく政治や戦争、疫病、大小合わせれば無数のニュースが出ますが、市場参加者の関心度により値動きへの反映度は変わります。

米雇用統計の発表は悪かったので通常であれば、ドル円は下落する動きとなりますが底堅く推移しました。それは悪い結果を受けて米政府が未曾有の金融施策をするのではないかという期待が生まれたからもあり、市場参加者がその結果をどのように判断するかを読まなくてはならないです。

FX初心者はどちらを選べばいいのか?

まずはテクニカル分析を主体として勉強する事をお薦めします。多くの人もチャートを見ながら売買しているため、概ねそれに沿った値動きとなる場合が多いです。FX勉強会でもご紹介していますがシンプルな移動平均線や節目を引いて分析する事がわかりやすく確度が高いと思います。

ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析の補助をするような位置づけが良いでしょう。チャートで言えば週足や日足を眺めつつトレンドを把握していきますが、それに合わせてファンダメンタルズ分析も加味して理解するという事です。

例えばですが、ドル円が週足や日足で下落している背景には政策金利を引き下げてきているから、という事をセットで考えられるようになれば、次回に利上げに向けた動きをしているという情報をキャッチすればトレンドが逆転していく可能性があると認識できます。情報とチャートを見比べながら判断できるようになります。

まとめ

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析どちらを学べばいいのか?の結論はどちらもになりますが、優先順位としてはテクニカル分析を習得するほうが先です。まずはチャートを分析できる能力を磨き売買判断ができるようになりましょう。そして、ファンダメンタルズ分析もできるようになれば幅が広がります。

また、テクニカル分析と言えば難しそうと感じるかもしれませんが、移動平均線などのシンプルなものを1つでも良いので習得する所から始めると良いです。様々なテクニカル分析も系統としては似ていて移動平均線から派生したものが多いです。運用している中で、もう少し知りたいと思った時に広げていけば良いと思います。

Return Top