ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

為替の乱高下で損失を抱えた際の注意点


今朝は欧米などでの新型コロナウイルスの感染拡大から、世界経済への懸念が強まりました。また、米国長期金利低下や原油価格下落なども相まって、スパイラル的にリスク回避の動きが強まり強烈な円買いが入りやすくなっています。

これまで下落していた所を下値で拾っていた人にとっては、この下げはさすがにびっくりしたでしょうし狼狽的な投げ売りも入りやすく、パニック的な相場となっています。ただ、こういう時だからこそ冷静に判断ができるようにしておくことが大事です。

一度ポジションを持ってしまうと冷静な判断がしにくくなり、どうしても感情に拠ったトレードをしてしまいがちですが、それでは傷口を広げてしまったり同じ失敗を繰り返してしまう危険があります。今で、自分にできる事は何か?を再度考えて行動していきましょう。

相場が乱高下した際の注意点

特に損失が出てしまっている状態の人ですが、現状を正しく把握しましょう。現状の損失と事前に立てた計画と照らし合わせて、今後どうしていくのかを考えましょう。残念ながら事前に計画を立てていなかった人は、いくらまで損ができるかの許容損失額を考えてその範囲内でどのようなトレードができるか考えましょう。

もし、今の時点で事前に考えたトレード戦略と大きな違いがあれば、損切りしてフラットな状態になったほうが良いかもしれません。相場はわからなくなれば撤退するのが鉄則です。そして、たとえすぐにしてもスプレッド損くらいで済みますし、再度チャンスだと思えば参入すれば良いだけです。

許容損失額やトレードイメージが不明なまま、何となく継続してみてもそれはギャンブルです。相場に左右された結果となり、いつまでもコントロールされる側になってしまいます。損失が出てからでは狼狽するので、事前に準備をしておくことが大事になってきます。

損失を抱えてる時に気を付ける事

短期間で取り返そうとしない
負けたらカッとなってレバレッジをあげて短期間で取り返そうとするのが人情です。しかし、レバレッジを上げ過ぎることでロスカットになる危険性が増して難易度が高くなってしまいます。また、冷静な相場分析がしにくくなっているため、丁半ばくちのような状態になってしまう事が多いです。

負ければ負けるほど投資できる資金が減ってしまうため、より一層レバレッジをあげてしまいロスカットの危険性が増すという、負のスパイラルにハマってしまいますので注意が必要だと思います。

何かに依存しようとしない
テレビで「●●円まで為替は暴落する!」「●●円まで急騰する!」など様々な情報が錯綜しやすい時期です。負けている時は誰かに頼りたいと思いがちなので、こういう情報に思考停止して飛び乗るのは危険です。あくまでも参考程度にして、資金管理やトレードイメージを自分でもって挑むべきです。

ただし、依存するのではなく活用するのは積極的にしましょう。例えば、FX仲間がいるなら積極的に意見交換する、スクールに入っているならサポートを受けてみる、自分の参考値を増やすために行動して情報収集を行っていく事が良いと思います。

日常生活に支障をきたさない
兼業投資家の人が多いと思いますが、本業そっちのけで相場が気になるのもわかります。ただ、それをしてしまっては長続きがしないので、本業に支障が出ないようにIFOなどを用いてすることや、帰宅後の空いた時間でデイトレ、スキャルをやるなどが良いと思います。

無理なく生き残ることが一番重要な事です。兼業投資家は本業での収入源があることが何よりの強みです。専業であれば相場で勝たなければ生きていけないので、大きなプレッシャーとなり悪影響になります。だから、兼業の強みを生かし続けるほうが得なのです。

今回はコロナショックと呼ばれる相場になるでしょう。まだ続く可能性は十分ありますので、まずは現状の事を考えて今後どうするかをシミュレーションしておきましょう。こういう相場は年に数回来ることもありますので、今回の経験は次回以降にも生かしていく必要があります。そのためにもメモを残すなどして経験値を積み重ねる事ができれば、仮に今回失敗だったとしても生きてくると思います。

今回は損失が出た人のパターンを書きましたが、利益が出ている人も要注意です。ドカンと負けてしまわないように気を引き締めて頑張りましょう^^。下記のFXクリニックでは「相場で困ったな・・・」を解決するためのコンテンツです。メールアドレス登録するだけで無料で受講できますよ。

Return Top