ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

FX初心者はコマ足(平均足)をマスターしよう!

トレードをする上で必須なのがチャートであり、テクニカル分析です。まずは初心者が最短で結果を出せるように、コマ足(平均足)を使った分析手法をご紹介します。

コマ足(平均足)とは?

コマ足とは、ローソク足の実体部分の上辺と下辺に「平均値」を採用したもので、人気の理由は、なんといっても、売買シグナルが非常に分かりやすい点にあるといえるでしょう。

このテクニカルの良いところは、見た目に分かりやすくトレンドが一定期間続くところです。ただし、どのテクニカルも同様ですが、ダマシのシグナルが発生するところは、注意が必要です。あとは、当然ですがトレンドがローソク足より遅れて発生しますのでレンジ相場に弱いところです。

このテクニカルの売買シグナルは、2本以上の陽線、または陰線が続いた後に逆の線が完成した場合にシグナルとなります。コマ足の線がどのくらいの値段で陰陽が転換するか前もって分かればトレードのポイントとなります。

次にコマ足チャートを載せましたが、ダマシはたまにあるものの、チャート上で売り買いシグナルについては確認しやすく、トレンドも掴みやすいことからFX初心者でも活用しやすいと思います。ちなみに、ダマシが作られると窓埋めのように、ダマシの水準まで再び値を付けることが多いです。これを活用する人も多いです。テクニカル分析は何から始めようか?と思っている人は、まずこのコマ足からスタートするのも良いと思います。

 

 

 

 

 

 

コマ足とローソク足の違い

ローソク足は「ある期間の始値・高値・安値・終値」という 4 本値を 1 本の足で示したものに対して、コマ足はA「1 本前の始値・終値の平均」、B「期間中の始値・高値・安値・終値(現在値の平均)」の2つがローソク足の胴体部分になります。

B が A を上回っていれば陽線、下回っていれば陰線になります。上下のヒゲはローソク足と同じで高値・安値を表しています。しかし、コマ足の場合は上ヒゲが長い陽線が続いたり、下ヒゲ強い陰線が続いたりします。この場合は「長い上ヒゲ=高値更新で上昇力が強い」「長い下ヒゲ=安値更新で下降力が強い」として理解して取引をすることが有効になります。

将来のトレンド転換を予測できる

コマ足を作る計算方法でも書いたように、終値(現在値の平均)次第でコマ足が転換するのがわかります。例えば、昨日までは陽線を形成していたけど、今日のこの動きであれば陰転してくる可能性が高い、などという事がわかります。これにより、為替相場の流れの変化を察知することができるのです。

コマ足は中長期的な運用をすることに長けていて、短期トレードの際には流れを知るためのツールとして使われている人が多いです。と言っても、結果が出ていればどんな活用法をしても問題ないと思います。初心者でも活用しやすいテクニカル分析手法なので、参考にされると良いと思います。

さらに、コマ足で相性が良い通貨ペアは何か?など、詳しい解説をFX勉強会でしているので、ご興味のある方はメルマガへ無料登録をしてみてください。

 

 

Return Top