ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

ドル円、ポンド円のポイント

ドル円、ポンド円のポイント

まずは下の2つの応援クリックお願いします♪
  にほんブログ村 為替ブログへ
■ あなたのFX弱点、すぐ治療致します!! ⇒ ダメおやじFXクリニック
■ ダメおやじが直伝!無料メール講座 ⇒ ダメおやじFX勉強会
■ バイナリーオプション必勝法を伝授! ⇒ ダメおやじ式簡単バイナリー

本日の東京為替市場は、トランプさん発言を好感しショートカバーで日経平均の下げ幅が縮小するとドル円ポンド円も反発し、ドル円は109.70円、ポンド円142.17円まで値を上げました。今は欧州勢参入でドル円109.56円、ポンド円141.89円と高値からは下げていますが、ちょうどショートカバーで戻しても良い頃で、売りの地合い自体には変化はないですね。

これからですが、米中貿易関連の材料は本日は一服とは思いますが、何か新しいニュースが出れば動く可能性はありますね。

後は株価動向でしょうね。ただ、NYもショートカバーが出やすい状況ではあるので、安値売りは注意はしたいです。

本日のドル円のコマ足のスタート値は109.72円で、現在は109.44円ですので陰線を形成しています。 現時点での転換するポイントはローソク足で110.23円以上となっています。

ドル円ですが、東京の高値を抜くと110円、下値は109円でしょう。

本日のポンド円のコマ足のスタート値は142.64円で、現在は141.77円ですので陰線を形成しています。 現時点での転換するポイントはローソク足で143.84円以上となっています。

ポンド円ですが、上値は142.30円、下値は141.30円台でしょう。

ユーロドルですが、上値は1.1250台、下値は1.1120でしょう。

昨日はドル円売りで7p、本日はポンド円売り5pの利です。商いが少なくストレスが溜まります。

【現在のポジション】

GBPJPY 売り 145.02
USDJPY 売り 110.25

月間勝率100!?話題の売買方針をログイン後に無料閲覧できる!

コメント & トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつもありがとうございます。
    ちょっと関係ない話かもしれませんが,教えてほしいことがあります。
    アメリカの国債を中国がたくさん持っているそうですが,報復措置としてこれを売却するということはないでしょうか?あくまでも最終手段かと思いますが,こうなると市場は混乱して円高になりますよね。
    市場の混乱は関税云々のレベルではないようにも思うのですが,どうでしょうか?現実に上述のシナリオは考えにくいでしょうか?
    昔,橋本首相が冗談で「日本が持っているアメリカ国債を売却しようかな」口走ったために,市場が混乱した記憶があるのですが。

    • うめぼしさん、今の時点で確率は低いでしょうがないとはいえないです。
      各国の国債は戦略的にも使われますからね。

      • なるほど,ありがとうございました。

        質問(先日の相場の波動の件も含めて)は,久しぶりですが,時々拝見させていただいています。いつものことながら,おやじ様のシンプルな相場観,とても参考になります。
        このブログも昔とずいぶん雰囲気が変わりましたね。
        変わらないのは,おやじ様の「退場者を出来るだけなくしたい」というお気持ちだけでしょうか。おやじ様やスタッフさんのボランティアのような活動,敬服いたします。

        お体に気をつけて,今後も活躍されますようお祈りしています。

  2. そんな話ありましたね。
    残念ながら有無で言えば国の代表レベルでなければ分からない筈です。

    そして簡単に出来ないからこそ駆け引きに使う事は残念ながらあり得るのでしょう。
    (トランプ氏のツィートで毎回相場が揺れるのを見れば明らか)

    とりあえず「誰もわからん未来」と自分の大事なトレードを直接リンクさせるのは
    経験上『博打』と思う一人なので興味や関心があれば流れを見るかな?程度です。
    それぞれ国の代表ですし自国が勿論大事です。
    流れや結果に国民全員が満足する政治は皆無かもしれませんが、自国の損にしか
    ならない事を簡単に実行する国はそうそう無いと思いたいです。

    まぁ、コメント一つでチャートが右往左往するのは堪らん話ですね(--;
    相場自体に文句を言っても全く意味がないので大人しく従うだけですが…

コメントフォーム

*

Return Top