ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

FXから退場せず、成長し続けるための資金管理

FXから退場せず、成長し続けるための資金管理

FX初心者で最も重要な事は資金管理になるでしょう。手法も重要ですが「相場で生き残る」が第一目標とすると防御も考えて、いかにして資金管理をするかが優先になります。色々とややこしいと考える人もいるかもしれませんが、要は「いくらFXで損失を許容できるか」の一言に尽きます。

投資はお金がなくなればゲームオーバーです。利益はいくらあっても良いですが、手持ち資金がなくなればお終いなので許容損失額の策定と厳守が求められます。負けが込んで熱くなり、取り返すために許容損失額を超えてしまう事のないようにする必要があります。

具体的にどうするのか?上記外為どっとコムのビデオ解説では1か月の許容損失額を決めて、1週間や1日で割りその範囲内でトレードをする事を推奨しています。例えば、1か月に10万円の損失許容できなるなら、1週間(4週間計算)で25,000円、1日(20日計算)で5,000円の損失許容額になります。

5,000円の損失であれば、10,000通貨で0.5円の損、もしくは1,000通貨で5円の損など考えられます。デイトレやスキャルで通常は1,000通貨でトレードをして、鉄板パターンである勝負所があれば10,000通貨で仕掛けてみるのもアリですね。慣れるまでは提携パターンで資金管理をするほうが間違いはないでしょう。

そのほかにも、1回のトレードでは総資金の5%以内に抑えるやり方など資金管理方法もありますが、要は想定範囲内のリスクに対してリターンを狙えるかどうかです。最終的にはリスク(損切り)よりリターンが大きくなるようにするのが投資ですが、最初は許容損失額を決めて順守できるように心がけましょう。参考記事:FXは資金管理が重要である

積極運用するなら別口座が有効!?

継続可能な運用計画になればどうしても保守的になります。FXに求めるものが一攫千金であれば物足りないと感じるかもしれません。そうした時には別のFX口座を用意して積極運用はそちらでやるのが良いと思います。口座を分けることにより手間がかかりますがメリットは大きいです。

不用意なロスカットを回避できる
1つの口座で攻守ポジションを混ぜて運用すると、積極運営の攻めポジションがロスカットされれば同時に守りポジションもロスカットされ何も残りません。リスク管理や資金管理も難しくなるため初心者にはハードルが高くなってしまいます。スキャル、デイトレ、スウィング、スワップなどの運用法は全く違うので分けるほうが良いでしょう。

FX口座の特性を発揮できる
FX会社の提供するシステムやサービスは様々です。例えば、短期トレードが使いやすい口座もあれば、スワップが高く長期に向いているものもあります。チャートが見やすいものもあれば24時間電話対応など初心者サポートが手厚いものもあります。特性に合った口座で運用する事でパフォーマンスがあがるでしょう。

各社のキャンペーンを活用できる
各FX会社では新規口座開設時や取引量によってキャンペーンを実施しているため、1つの口座でするよりお得感は高まります。キャッシュバックや食品だったりと多岐に渡って貰えるものは貰っておくほうが得でしょう。2つ以上になるとその違いが体感するようになるでしょう。詳細はこちら

◆メルマガでは有益なツールもプレゼントしています。

Return Top