ダメおやじの全財産を掛けた崖っぷちFXブログ

毎日更新!fx初心者にもわかりやすくダメおやじがfx口座開設比較からトレード手法まで解説するfxブログ!

ダメおやじ勉強会

特別定額給付金でFXをする際の注意点

新型コロナウイルス感染症による経済的影響への緊急経済対策の一施策として、個人では住民基本台帳に記録されている者につき10万円、企業では中小法人等は200万円、個人事業者等は100万円が支給決定となりました。受けられるものは受けたほうが良いので、総務省などのHPで確認しましょう。

また、この給付金を使ってFXをしようという人もおられると思いますが、現在の生活が安定的に過ごせるという事を前提にするべきです。給付金の目的としても、コロナ禍で生活がひっ迫している人を救うためであり、まずは私たちの生活を立て直すために支給されるものです。

FXは余剰資金で行うものだと思います。理由としては、生活が安定しなければトレードも安定しないからです。特に家庭や仕事で人間関係が必要になる場合、環境悪化はメンタルに響いてきますしイライラしやすければトレードにも悪影響となります。無理をすると必ずいつかしっぺ返しがくるものです。

また、「生活費を工面するために絶対稼がないとダメ!」と極度に追い込まれた状況であれば、冷静な判断ができずトレードも欲に左右されやすいものになります。プロスペクト理論にもある人間の弱い面が強調されギャンブル的なトレードとなりやすいです。目先でいくら勝ってもいつかは1回のトレードで全てを失います。

給付金を使ってFXをしてはダメだというわけではなく、既に普段の生活で今まで通り過ごせている人は逆に絶好のチャンスなので活用も良いと思います。まさに無かったお金が貰えた感覚なので、いつもよりも楽にトレードができるかもしれません。それも良い経験となるでしょう。

FXは運ではなくスキルなどの実力で勝つものなので、初心者は低額でも勝ち続ける事ができる態勢作りを心がけるべきでしょう。数か月間でも安定して利益が出る態勢になれば、証拠金も多少なり増えているでしょうし、ロットをあげて利益拡大を狙う事ができます。

1,000通貨以下でもトレードできますし、高校生の小遣い程度でも十分トレードできます。あらかじめ実力を付けておき、自信が出てきてから余ったお金を投下して勝負をしていくのが良いと思います。給付金でFXを始めてみようと思っている人は参考にして頂ければ幸いです。

Return Top